本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

冬といえばコーデュロイ

コーデュロイ

冬を代表する生地の1つであり、寒い季節でも快適に過ごせるような保温性と生地表面の畝が特徴的です。

f:id:dellp:20161120211706j:plain

こんな感じ

ヘリテージで昔ながらのクラシックな見た目をしており、それに加えてどこか粗野な雰囲気があります。

凸凹とした独特な質感をしていますが、特に珍しい素材というわけではなく、ファストから大手メゾンブランドまで色んな業態で見ることができる定番的な生地です。

冬のベーシックな素材という位置付けで世間に浸透している事もあり、

恐らく既にワードロープの1つに入っているという方も多いのではないでしょうか。

寒い季節にはそれに合わせた温かみのある素材を合わせた方が当然ながらこなれて見えます。

その時期特有の季節感が出ますからね。

その分他の季節では使う事が出来ず、それに伴い着用できる期間も減ってしまうのですが、

通年使える生地でオシャレをするには限界があり、

またオシャレをする上で通年使える生地しか使わないという縛りをする必要性は全く無いため、

季節感を出すことが出来る素材やアイテムと言うのはオシャレになるためには避けて通ることはできません。

日本の四季を楽しむこともまた大切な事です。

少し話がそれたので元に戻します。

しかし冬の定番であるこのコーデュロイ生地。

手入れが意外とめんどくさいのです。

手をかけないと摩擦や圧力で生地の表面がねてしまい、変なムラや光沢がすぐに出てしまいます。

端から見て明らかなほどみすぼらしく変化するので、手が抜けないところです。

生地の畝も見慣れているとはいえ、他と比べやはり異質であると言わざる終えず、

オシャレようの服として扱うには

豆に手入れの出来る人、

つまり服に時間を割くことをいとわない人でないと扱いきれないので、

上級者向けの品であるといえるでしょう。

色々ハードルを上げましたが、

上手く使いこなすとコーデュロイ独特の雰囲気が出て本当にかっこいいので、是非是非、挑戦して頂きたく思います。