本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

ブランド料や付加価値

ブランド料という言葉は服の話をするときによく使われる言葉です。

服に本当に高い値段だけの価値があるかどうか問われる時に使われるこの言葉、

簡単に言うと、

この服にこの値段の価値はねぇよ

という誹謗中傷の言葉です。

では実際にブランド料というのはあるのか、

それは勿論YESです。

何故ならブランドといっても生地や糸から作る力を持つところは少なく、基本は生地屋から仕入れる所がほとんどです。

なので別のブランドと柄が被る事もあるし、すごいときはブランド内で流行る事もあります。

でもブランドによって提示する価格は違うのです。

勿論次の段階の縫製や加工やディテールやなどで金額は変わるので一概に言えないのですが。

何十万と価格が変わることもありますからね。

何とも言えない所です。

まぁ価格は、ブランド側が決めるものですし、ある程度そのブランドの価格帯というのがあります。

それに合わせる必要がある訳ですね。

100.000の品がそろう高級ブランドのラインナップに1つだけ3000の品があったら、

「えっ何で?」

となりますよね。そういう理屈です。

このブランドならこのくらいの価格だというイメージを保持することでそれもまた1つの価値や信用になるわけですね。

少し話が変わりますが、本来ブランドが提示した高い価格で買ってもらえる信用をお客様から得るのは、とんでもなく大変な事です。

何故ならどれだけ素晴らしい物を作って販売しようとしても、ブランド価値がなければ売れない事が多いからです。

誰にも知られていない新鋭は本当に売れません。

必死に物の良さを告知したって誰も振り向いてはくれないのです。

そりゃ知らなくても困りませんからね。 そういうもんです。

なのでブランドが有名だからと言うだけで高いお金を出してもらえると言うのは、それだけブランドが地道に努力した証であり、ブランドとして成功した証明でもあります。

それだけブランド名に信用や付加価値があるということですからね。

ヴィトンやGUCCIなどの名前だけ、をみて品を選ぶ人を

「何も知らないくせに買うな」

と批判する人をよくみますが、

その購入者にとっては、名前だけに何十万というお金を出すことが出来るくらいブランドに付加価値を感じているという事は忘れてはいけません。

何に価値を感じるのかは人それぞれです。

物についてちゃんと知ってほしい気持ちは勿論ありますが、個人的には別に悪いことではないのではと思っております。