読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

寒い秋の夜の格好

最近いっきに寒くなった。

少し前まで暑くて半袖一枚で過ごしていた私はこの気温の差にとてもびっくりしている。 とても綿の布切れ一枚では凌げない寒さである。

私の近況報告で申し訳ないのだが

先日久しぶりに地元の友達と朝方まで遊んでいた。

車だったので飲むなどはせずに、只ダベって夜の間を過ごしていた。

何も予定のない高校生のような過ごし方だが

まぁたまにそんな日があっても楽しいもので、中々充実した時間を過ごすことが出来た。

しかしまぁ寒いこと。

私はその夜チャンピョンのリバースウィーブのスウェット一枚で外に繰り出そうとしたわけだが

全然ダメだった。

「裏に起毛ついてるしなんとかなるだろ」

的な考えは一瞬で打ち崩された。

私は直ちに家に戻りパッと着れそうなジャケットを探した。

手にしたのはリーバイスのデニムジャケットである。

USAmadeのファーストモデルの復刻版。

どうせ古着で探しても古すぎて中々良いものが見つからない品だし、状態が良好なものだと値段的にてがでない。

そんなことを思うなか大量に染料の残った、復刻品をみて

「これだけ古いモデルだったらあえて復刻でもありじゃね」

とかいって衝動買いしたデニムジャケット。

スウェットも含め、完全にアメカジおじさんのような姿を写す鏡

そんなことは気にしない、その言葉はむしろ私にとって誉め言葉である。

しかし気になる事が1つ

梅雨の時期になにもしなかったせいだろうか。

カビの薫りが漂っていたのは恐らく私の気のせいだろう。