本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

海外でいきたいところ

ファッションについて全て知ろうとすると、この小さな島国のなかにとどまり続ける訳には行かず、どうしても海をわたる必要が出てくると感じる今日この頃。

アメカジが服装の原点である私ですが、もしも海外に行く機会があるのであればヨーロッパに行きたい。

やはり服の本場はヨーロッパだという意識があるからだ。

その為ニューヨークのコレクションよりも、ピッティやパリコレクションの方が見たいと思ってしまう。

私はまだそれらを写真でしか見たことがなく、ブランドのコレクションに呼ばれるような上顧客でなければインポートを仕入れるバイヤーでもないので当然会場の中に入る権限は持ってない。

恐らく海外に行ったところでこれらの問題は解決しないのだか、多分会場のスナップや雰囲気だけでも満足することだろう。

何せ私は人づてで聞いた話しか知らない。 そして今の私は海外の話をきくがわの人間から変わることはない。

なので自分の目で確かめてみたいと思ってしまう訳だ。

他にも行きたいところは沢山ある。

ザビィルロウでスーツを仕立てて見たいし、ナポリのサルトリアを恐る恐る訪問もしてみたい。

ノーザンプトンの本場の革靴を見てみたいし、なんなら小さな路面点を回り、疲れたらこれまた小さなカフェでコーヒーでも飲みながら、じっくり時間が流れていくのを楽しんでみたい。

そして長期的に滞在できるならアントワープに入学して服について学んでみたい。 王立だから学費は安いというのは何だかんだ魅力だ。 まぁそのメチャクチャ厳しいらしいのだが…

特に何か決めているわけではないのでやりたい内容はざっくりしている。

一応念を押しておくがこれは全て夢の中の話である。

今のところ実際に組み込まれる予定はない