本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

プチプラで買ってはいけないもの テーラードジャケット

テーラードジャケット

ラペルと呼ばれる裾に向かって伸びている大きな襟が特徴のジャケット。

ビジネススーツの上着を想像して頂ければ分かりやすいです。

フォーマルな場面でも使用される形なだけに、品のある見た目をしており、綺麗めなテイストが好きな方にとっては切ることが出来ない必須アイテム。

ブラックタイでの出席を求められるようなお堅いところでなければ、パーティーなどにも使うことが出来ますし、簡単にスタイリッシュに見えますので男であれば1つは欲しい制服のような一品です。

f:id:dellp:20161001144043j:plain

写真でゆうとこんな感じ。スマートでかっこいいです。

前置きが少し長くなりましたが本題です

何故テーラードジャケットをプチプラでの購入をススメないのか。

理由は前に紹介した革靴と同じ、本来制作に非常に手間がかかるものだからです。

そもそもテーラーとは仕立ての事であり、テーラードジャケットってのはテーラーにより服の生地が人の体に沿うように立体的に仕立てられた物です。

オーダーメイドがある事は分かりやすい例でしょう。

人の形とは人それぞれです。 既製品とはそのさまざまな人の形の平均を取る必要があるわけですが、 それゆえに一人の人に完璧に合わせる事は出来ません。 そこでテーラーの力というわけですね。

古着で販売させているテーラードジャケットに名前の刺繍がよく入っていたりしますがそれが所以の1つだったりします。

少し話が脱線しましたがこのテーラー技術、当然ですがかなり高度で手間のかかるものです。

この手間を省くとなるともはや

テーラー風

といった方が正しいのではとなるのはどうでもいいことですが、仕立てが簡素になれば見た目の違いもばれやすいのは事実。

この綺麗めなジャケットはオシャレに興味がなければ中々選ばないものです。

靴の時と同じオチですが洒落る為に選んだ物がダサいというのは、あまりにも悲しい皮肉です。

全てが全て悪いとは言えませんが、個人的には奮発して良いものを買うべきアイテムだと思っております。