読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

プチプラで買っては行けないもの 革靴

ファストファッション

ファストファッションにある品を全て野放しに誉めることは出来ません

当たり前の事ですが、安いせいで悪いものというのも当然のようにあるからです。

初めて服を見に行き、

せっかくオシャレになるために頑張って選んで買ったのに

「あいつださくね?」

とか、周りに言われたらこれ以上悲しい事はありませんね。

影でクスクス言われてるかもしれません。

悲しい現実です。

でもオシャレでみんなの憧れる伊達男になるには乗り越えないといけません。

そんなわけでファストファッションで選ぶのは控えるべき品物を紹介します。

革靴

ファストファッションは安く作るためいかにコストを下げるかに重きをおきます

なので作るのに手間がかかるものというのは、基本的に苦手で、安く作るためにそれなりの代償を払わなければいけません。

革が本革から合皮になるのは素材表記の文字をみればわかることですが、

本革を使用してます。

とか謳っていてもガラスレザーで出来た、テッカテカの安価な革を使用していることがほとんど。

そもそもそれなりの値段になってきたら本革であることが当たり前であるため、そんなうたい文句は

私は安物の靴なんです。

と、自己紹介をしているようなもの。

鼻で笑ってあげましょう。

革の違いなんかわからんという人へ、さらに簡単に見分ける方法があります。

それはソールです。

安価な革靴はセメント製法という所謂大量生産するための簡易的な製法で作られていることが多くあります。

ちゃんとした革靴を作ろうとするとかなりの工程を順番に踏んで作らないといけないんですね。

しかしそれをすっ飛ばしてただソールを接着してしまう製法というのはさすがに見た目に差が出てしまいます。

アッパーとソールの繋ぎめに縫い糸がなければ、接着している可能性が高い(チャネルは割愛)

接着剤がはみ出ていたりしたら間違いありませんね。

比べるとすぐにわかるかと思います。

時代にそって考えられた技術の結晶であるため、決して否定するつもりはないのですが、

オシャレの為に買う靴が安物だと簡単にばれるようなものだつたら本末転倒ですよね。

どこまでを目指すのかによって変わるとは思いますが、知っていて損はないと思います。

是非次革靴を見るときに確認してみてください。

友達がはいていたら心の中で叫びましょう。

まぁ何はともあれ買い物の時などに思い出して頂ければ幸いです。