本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

高級綿の価値

世界三大綿の1つであるスーピマ綿

言わずと知れた、アメリカ綿の中でも最上級グレードにあたる高級綿だ

ここ最近ギザ綿は余り目にしなくなり、新疆綿に関しては日本に入ってきてるのか怪しむぐらいだが

それに反比例するかのようにスーピマはよく見る。

理由はまぁ…ユニクロ

何故スーピマがあの値段で売っているのか…、私はユニクロが農場とどのような契約を結んだのか知ることは出来ないが、他には真似できないようなとんでもない契約を結んだのだろう。

グローバルワークスでも取り扱ってるのをそう言えば見たな。

ファストファッション特有の大量生産出来る形体だから出来ること。

所謂、数の暴力というものである。

これを買わなくて何を買う

良いものは高い

そんな常識とは何ぞやと言わんばかりのとんでもない品である事は間違いない。

しかしまぁ、仕方無い事なんだか最近スーピマのありがたみが薄れてきたなとつくづく感じる。

高級綿なのに、

「ああっ、ユニクロが使ってるやつか」

と何度言われた事か

当たり前の事だが、安く買えるようになると当然ブランド力は落ちる。

そうなると例え、最高級の品質を保っていても高い値段で売れなくなる。

ドメスティックブランドがいい例だろう。

1000円で買えるものを誰が10000円で買うのか。

他の競合と比べ、安定的に供給出来るようになったとはいえこのまま続けると、いつか自分の首を絞めることになるのではないかと危惧している。