読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

センスとは何か

センスとは何か聞かれて答えることはできますでしょうか?

言葉の訳を言うと

微妙な感覚の違い、それを見極める力。

こんな感じになります。

凄く抽象的ですよね。

大事な所をフワッとさせています。

それもそのはず、この言葉自体が曖昧だからです。

センスがいいね!

って言う時、具体的になにがいいかと聞いたり、聞かれると、

「色あわせが何となく」

「服のそうゆう変わったデザインを選ぶところが」

など、

大雑把にいいなと思うところは分かるけれど、具体的な何かがあやふやな事が多い。

つまり

何となくいいなと感じる=なんかセンスあるよね

みたいな事が成り立ってしまっているのです。

ファッションにおいてセンスは非常に重要な要素です

重要なものがあやふやであるということは、何だか不思議な物です。

人の気持ちが関わり、しかもそれが大部分を占めているので、仕方ないものではあるのですが、

その人の何となくの気持ちでデザインは評価されるのですから何とも言えないものです。

是非何にどう具体的にセンスを感じたのか、深く追及してみてください。

答えもなく果てしない物だと思いますが、それがまた自分のセンスを磨くことになるかと思います。