読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

マネをすることは悪いこと?

服においてマネをするということ

「それは悪いことなの?」

と聞かれれば個人的な答えはNOです。

悪い事だとは思っていません。

勿論限度はありますが、基本的に服は昔ある形を現代風に変えたものばかりだからです。

デニムJK、チノパン、ミリタリーJK、

元ネタが分からない品のほうが珍しいのではないでしょうか。

もっと言ってしまえば、

シャツは襟付でアームが二つあり、首の穴と胴体の出口が1つずつ、フロントにボタンを着けるといった決まりきった事さえ、広い意味で言えば真似することになります。

勿論そんな事をいってしまえばきりがありません。

しかし、誰も襟を4つ着けることもボタンを2倍の数着ける事もだめだと言っている訳ではないと言うことを忘れないで下さい。

いつのまにかルールに縛られ、無意識に当たり前を作ってしまっているものです。

新しいものとはそうやって当たり前をどこか破って作っていくのが基本になります。

全く新しい物を考えると言うことは凄く難しい事です。

何故なら世の中には飽和するほどに物が溢れているからです。

作る事が出来たとしてもそれが人に受け入れられるかはわかりません。

全く新しい物には抵抗があるものです。

私はデザイナーではないので詳しく語る事は出来ませんが、自分が作った新しい物が定番として皆に着てもらえるのであれば凄く嬉しく思います。

しかし定番になるということは、皆がそのデザインを真似するということ。

それが理由でオリジナルが売れなくなってしまったら…

商売であるがゆえの矛盾ですね。