読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に服が好きな人の為のブログ

服についてつらつら思った事を書いていきます。服に興味がある人から同じアパレル業界で働く人までお役に立てれていれば幸いです。

これさえ着とけば洒落て見える? オススメの品 Tシャツ編

喋るデニム的オススメの品

ノームコアが流行っているこの時代、普通であらばそれで良いって言うやつは沢山いるけれど、それだけじゃ駄目だと感じる今日この頃。

夏の暑い季節はまだまだ続きそうで、上に着飾る服も少なくするしかありませんね。

暑さに勝てない(笑)

でもオシャレでありたい。

そんな気持ちを助けてくれるありがたき存在、

Tシャツ(カットソー)

こやつの力を借りる他にありません。

そんな訳で喋るデニム的オススメのTシャツをなんとなし紹介していこうと思います。

ジェームスパース

カットの話をするときにこのブランドを忘れてはいけません。

ここ最近定番として無地のカットが復権してますが、その立役者の1人といえる存在。

軽く着心地のよい質感と、くたっとした見た目は着てるだけで

「あいつオシャレだな」

と、何となく思わせられる。 詰まるところオシャレなやつ的な雰囲気が漂います。

ある程度服が好きであれば知っているという知名度の高さもいいですね。

「それどこの?」 と聞かれたらスマートに答えてあげましょう。

アメリカの老舗はさすがです。

f:id:dellp:20160824214106j:plain

f:id:dellp:20160824214121j:plain

グットウェア

「丈夫で長く着ていられる物であって欲しい。」

どうせ買うのであればそうであるに越したことはありません。

元々そうゆう要望に強いアメリカのブランド、答えはすごく簡単!

生地を肉厚にすればいい

この国特有の合理的な考え方はある種の美学であります。

グットウェアの定番カットソーは生地の分厚さが7オンスと一瞬スウェットと見間違えるような風貌をしています。 ライトオンス(夏用)のデニム並に分厚いです。

そして何よりも驚きなのは、アンダー2000円という異常なほどの価格の安さ

いやほんとに、価格破壊も良いところです(笑)

困ったら取り合えず買えるレベル

このブランド、関西で今のりにのっている某セレクトショップから、量販店までと幅広くその姿を確認することが出来ます。

何か軽く買い足したいなって人にかなりオススメです。

f:id:dellp:20160824221012j:plain

f:id:dellp:20160824221023j:plain

次に続きます。